中洲のソープ店に住みたいほど風俗が好きなんです

 >  > 出張のときには中洲風俗

出張のときには中洲風俗

仕事で福岡に出張が入ったので、風俗で遊んできました。中洲のソープ街に行くか博多のデリヘルで遊ぶか散々迷ったんですが、やっぱり福岡と言えば中洲のソープ街だということで張り切ってソープランドに行くことにしました。中洲のソープ街はホントに大規模で、国内でもトップクラスなんじゃないかな。何度か仕事の出張ついでに中洲に来てるけど、こんなソープ街なかなか見たことがありません。九州の田舎の方からもお金を稼ぐために選りすぐりの美女たちが集まってくる場所だから、女の子のレベルが圧倒的に高いし、九州の女性って彫りが深くて意思がはっきりしている目線がたまらなくイイんですよね。この前中洲に行ったときは、沖縄系の美女ばかりを集めたというソープランドに行ってきました。もう目鼻立ちが外人さんみたいに可愛らしくて、キスしてる顔なんかめちゃめちゃそそられましたよ。エッチの最中の顔もイキ顔も、どんな表情も可愛くてセクシーで最高でした。やっぱり風俗に行くなら中洲にして正解でしたね。

中洲の風俗店はここがすごい!

中洲は日本を代表とする歓楽街としての認識が高く、北海道のすすきの、東京の新宿歌舞伎町と並び、日本三大歓楽街の一つとされています。また大阪の北新地とそのカラーも似ていることから、西日本一の歓楽街としての称号も得ているようなエリアになります。博多と天神のちょうど中間に位置しており、博多が観光客向けのエリアで、天神が地元民から愛される場所ならば、中洲はどちらのカラーとも相容れないというようなまさに大阪エリアの北新地のような独自のスタイルを持ったエリアでもあります。飲食店が多く、キャバクラやクラブといったものが沢山に店舗を出店しているエリアであり、このエリア独特のお店も多く存在しています。こういった特色が見られるのは、やはりその特殊な地形というものにも関連していると言って良いでしょう。中洲は福岡と博多をつなぐデルタ地帯に位置しており、やはり独自のカルチャーを形成してきたという歴史があります。有名なイベントとしては、博多どんたく港まつりや祇園山笠などが挙げられます。大人の遊びどころとしてもクラブやミニクラブ、スナック、キャバレー、ラウンジやライブハウスなど様々な店舗が存在しています。食に関しても、代表的なラーメンを始めとして、鉄鍋餃子や韓国料理、めんたいなどが名物であり、それぞれにカラーが違う店舗がひしめき合っているような状況なのです。肝心の風俗店ですが、デリバリー系が多く店舗型が少ないお隣の博多とは違い、ソープランドという店舗型風俗店が圧倒的に多いという特徴を持っています。歓楽街などは数多くあれど、現在の主流はやはりデリヘルを始めとする派遣系のサービスが多くなっていますが、圧倒的にこういった店舗型風俗店が多いのは、日本広しといえども、このエリアくらいではないでしょうか。入浴料に関しても、非常にリーズナブルな価格が多く、40分で15000円前後というのがこのエリアの相場になっています。九州女の情の熱さから、ハマってしまう観光客も非常に多いという噂です。

[ 2016-11-24 ]

カテゴリ: 風俗体験談